きままなシニアライフ日記(Photo Diary)

henryworld.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

カワセミ~ひさしぶりに

数日来の集中豪雨のために、濁流と化していた恩田川の水もようやく平常に戻ったようです。久し振りにカワセミを見つけました。濁流の中でエサが獲れずに、ひもじい思いをしていたかも知れません。久し振りなのでやや多めに画像を掲載します。

お、カワセミだ~どこにいる?
e0086880_1827975.jpg
e0086880_18272211.jpg

場所・アングルを変えてみましょう。
e0086880_18275914.jpg
e0086880_18281448.jpg
e0086880_18282994.jpg
e0086880_18284591.jpg
e0086880_18285764.jpg


by henryworld | 2008-08-31 18:29 | 生き物たち(鳥、昆虫など)
2008年 08月 31日

夏の終わりに

朝方はぐずついていましたが、日中は晴れて夏の暑さが戻ってきました。空の雲はまだ不安定、雷雨の恐れがあります。雲のカタチは晩夏の雰囲気を漂わせています。
e0086880_17585453.jpg
e0086880_1759559.jpg
e0086880_1802541.jpg


by henryworld | 2008-08-31 18:00 | 季節を感じる光景
2008年 08月 31日

ねこのひげ(クミスクチン)

今朝もスッキリしない空模様です。局地的に荒れた天気も予想されます。
庭の片隅に家人が植えた「ねこのひげ」です。正式にはクミスクチンというそうです。シソ科の多年草です。
長く突き出した雌しべが猫のひげににていることから、こんな名前がついたようです。
クミスクチン茶はやせる効果があるそうです。
e0086880_839379.jpg
e0086880_8394781.jpg


by henryworld | 2008-08-31 08:39 | 季節の花や植物
2008年 08月 30日

大雨警報

全国的に大雨の予報です。
渋谷駅前交差点の風景です。
傘の花が咲きます。
e0086880_2311094.jpg
e0086880_23111646.jpg


by henryworld | 2008-08-30 23:11 | 季節を感じる光景
2008年 08月 30日

ルコウソウ

今日も不安定な天候です。全国的に雨模様、明日にかけてかなりの雨量が予想されます。朝の散歩も中止しました。

雨に濡れてルコウソウ
e0086880_1326722.jpg
e0086880_13262668.jpg


by henryworld | 2008-08-30 13:26 | 季節の花や植物
2008年 08月 29日

東大病院~フォローアップ検診

10年ほど前に大腸ポリープの切除手術を受けました。組織検査の結果では早期癌でした。それ以来、毎年大腸の内視鏡、胃カメラ、その他臓器の超音波検査を受けています。今年もその時期になり、本郷の東京大学附属病院に行って来ました。来週からそれぞれの検査を受けることになります。幸い昨年までは再発・転移等の兆候もなく無事ですが、さて、今年はどうでしょうか?
e0086880_21432750.jpg
e0086880_21433825.jpg


by henryworld | 2008-08-29 21:43 | その他
2008年 08月 29日

濁流

夜半から局地的な豪雨が襲いました。夜明けまじか、界雷のようなカミナリで眠りを覚まされました。集中豪雨のため多摩の八王子地区では避難勧告が出された集落もあるようです。昨夜来新幹線の運行にも支障をきたしているとのニュースも流れています。
季節の変わり目、夏から秋への端境期にあるのでしょう。

恩田川も濁流に洗われています。カワセミやコサギたちもしばらく空腹を抱えなければならないかも知れません。
e0086880_7503742.jpg

普段より随分水量が増え、水かさも増しています。
e0086880_7505352.jpg
e0086880_751899.jpg
e0086880_7512112.jpg


by henryworld | 2008-08-29 07:52 | 街角の光景
2008年 08月 28日

ラストゲーム 最後の早慶戦

この映画を見て様々な感慨を覚えました。
映画の出来、ストーリー、役者の役柄などを度外視して、早慶両校関係者だけでなく万人に感動を与えるものと思います。
全く方向違いの感想かもしれませんが、
「星野ジャパンの監督・選手がこの映画を見ていたら、北京で金メダルが取れていたかもしれない!」
(たかが野球、されど野球、当時こんなに野球に思いを込めていた人たちがいた!!)
物語は昭和18年(1942年)戦局厳しさを増す中、軍部の命令により東京六大学野球は解散を命じられていた中で、早稲田・慶応の選手は練習を続けていたが、いよいよ学徒動員令が発せられることになった。
当時の慶応義塾小泉信三塾長は早稲田大学野球部の合宿所に早稲田大学野球部顧問飛田穂洲氏を訪ねる。前年子息小泉信吉氏を戦地で失っていた小泉塾長は戦地に赴く学生達に野球を精一杯やらせてやりたい、と飛田氏に早慶戦をやろうと提案する。
当時の早稲田の田中総長は軍部への配慮等から開催に断固反対するが、飛田顧問の決断で「最後の早慶戦」が実現する。試合は早稲田の戸塚球場で昭和18年10月16日に行われ、早稲田が圧勝するが、終了後両校ナイン、観戦していた学生がお互いに早慶両校の校歌を力一杯歌う感動的な場面が現出する。
この年の暮れに学徒動員が行われ、この試合に出場した多くの選手が還らぬ人になった。
私も片一方が母校であるということだけでなく、私が生まれた翌年、満一歳の時、実に65年前に行われたこの試合が綿々として語り継がれていることに深い感動を覚えました。
「野球(ベースボール)-生きて我が家(ホーム)に還るスポーツ」という言葉に当時の世相を重ねあわせ、感慨を覚えました。
飛田氏役の柄本 明が風貌を含め飛田穂洲氏の雰囲気を出して、熱演が光る。小泉信三役の石坂浩二は小泉塾長のイメージとは少し違うかな?

早稲田大学野球部合宿所における小泉信三塾長(石坂浩二)と飛田穂洲顧問(柄本 明)の会談風景
e0086880_1659717.jpg

   試合終了後両校ナイン・観客がそれぞれ相手校の校歌を歌う場面
   早稲田大学野球部戸田順治役の渡辺 大
e0086880_1765637.jpg

                        (allcinema data baseより)

by henryworld | 2008-08-28 17:02 | その他
2008年 08月 28日

雨滴

今日はまた一転してスッキリしない空模様です。昨夜来の雨が時おり降ったり、雲間から日が差したり、不安定な天候ですが、涼しいのは助かります。
雨滴に打たれた花があちこちに・・・。

アケビ
e0086880_9193728.jpg

フウセンカズラ
e0086880_9195965.jpg

フクシア
e0086880_9204342.jpg

アブチロン
e0086880_9211327.jpg

ヒオウギ
e0086880_9213078.jpg


by henryworld | 2008-08-28 09:21 | 季節の花や植物
2008年 08月 27日

秋色

今朝は久し振りにスッキリと晴れました。北の方にある高気圧の勢力が強いんだそうで、心地よい涼しい空気が流れています。
空の青、漂う雲にも秋の気配が感じられるようになりました。
e0086880_795125.jpg
e0086880_710469.jpg
e0086880_7101641.jpg
e0086880_7102877.jpg


by henryworld | 2008-08-27 07:10 | 季節を感じる光景