<   2006年 02月 ( 52 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

エリカの花

ちょいと昔の歌謡曲で歌われましたが、エリカの花にも数種類あるようです。その中で一番よく見かけるのがこの花で、ジャノメエリカ(蛇の目エリカ)というそうです。小さな釣鐘型のピンクの花で、オシベのヤク(葯)が黒いのが特徴です。
e0086880_21531026.jpg

     青い海を見つめて 伊豆の山かげに エリカの花は咲くという~♪
                     (西田 佐知子)

by henryworld | 2006-02-28 21:54 | 季節の花や植物
2006年 02月 28日

ふきのとう

クロッカスの花から連想して、ふきのとうの写真撮りたくなり、探したらありました!
但し、少し育ちすぎて食べるには遅し、という状態であります。春の息吹が感じられる被写体です。
フォークソングを歌う同名のグループがありましたっけ。
e0086880_1793663.jpg

e0086880_17103551.jpg

e0086880_171607.jpg


by henryworld | 2006-02-28 17:06 | 季節の花や植物
2006年 02月 27日

枝垂れ梅とマンサク(満作)

同じ敷地内に枝垂れ梅とマンサク(満作)が咲いていましたので、失礼して撮らせていただきました。マンサクというのは「まず咲く」から訛ったものという説があります。
e0086880_21383620.jpg

e0086880_21385899.jpg


by henryworld | 2006-02-27 21:39 | 季節の花や植物
2006年 02月 27日

クロッカス

クロッカスが咲きました。アヤメ科の花で、別名を花サフランと言うのだそうです。サフランは秋の花で色も紫色ですが、クロッカスは春の花、色も白、赤、黄等多彩です。今日は黄色のクロッカスです。この花を見るとなぜか、ふきのとうを連想してしまいます。そうだそろそろ、ふきのとうが芽を出す頃です。探してみよう。
e0086880_2126878.jpg


by henryworld | 2006-02-27 21:28 | 季節の花や植物
2006年 02月 26日

DANKEのコーヒー

DANKEのコーヒーは大変美味です。器も最高ですが、さらに、ケーキも大変美味しい店です。本日はコーヒーとメイプル・シフォンケーキのセットで1100円でした。
e0086880_21153788.jpg


by henryworld | 2006-02-26 21:15 | グルメ/飲んだり食べたり
2006年 02月 26日

あわ家頌庵

「かながわ今昔芸能祭り」を観賞した後の昼食は、秦野市曽屋にある手打ちそばのお店「あわ家頌庵」にてOB仲間との楽しい語らいとグルメのひととき。石臼挽きのそば粉9割5分そばと手打ちうどんの合い盛りは大変美味でした。
                  実際に挽いている石臼です。
e0086880_2141528.jpg

               そば粉9割5分そばと手打ちうどんの合い盛りです。
e0086880_2152313.jpg


by henryworld | 2006-02-26 21:05 | グルメ/飲んだり食べたり
2006年 02月 26日

かながわ今昔芸能祭り

今日は神奈川県の各地に伝わる伝統芸能や新しく生まれた創作太鼓などを一堂に集めたイベントが開かれるというので、会社のOB会の有志たちと秦野市文化会館へ出かけました。老若男女各地の素朴な芸能を楽しみました。
出演者の方や観客の迷惑になるため、ストロボを使用していませんので、一部見苦しい点がありますが、その方が踊りなどの躍動感が感じられて良いかも(強がりです?ブレていますが、ご勘弁下さい)
e0086880_18151299.jpg

秦野ささら踊り(秦野ささら踊り保存会)
最初の演目は秦野市に伝わる、ささら踊りです。江戸時代から明治中期にかけて神奈川県内各地で盛んに踊られた盆踊りを昭和52年に再興したものだそうです。秦野市の無形民俗文化財に指定されています。
e0086880_18195054.jpg

仙石原湯立神楽(仙石原神楽保存会)
箱根仙石原に伝わる神楽ですが、湯立(ゆたて)の行とは、大釜に湯を沸かし、一定の行法を執り行う無病息災の呪法で、最後に湯笹を奉納し、下方、氏子の頭上に湯を振りかけ、厄払いをします。
国選択無形文化財、県の無形民俗文化財にも指定されています。

e0086880_2182664.jpg

三崎のチャッキラコ(ちゃっきらこ保存会)
三浦市に伝わる少女と母親達の踊る風流な踊りで、5~13歳までの女の子が踊り、音頭取りという年長の女性達が歌います。竹製のコキリコ(チャッキラコ)を打ち合わす音と扇の骨をはじき鳴らす音だけが、軽快なリズムを奏でます。
e0086880_18341611.jpg

中野七頭舞(あしがらあそびの学校)・・なかのななずまい
大井町が伝承しているものですが、元々は神楽舞の一部。発端は天保時代にさかのぼるといわれます。すばらしい田畑を作り、豊作を願う農民のエネルギーを示しています。この踊りの故郷は、遠く700キロも離れた岩手県岩泉町ですが、大井町の「あしがらあそびの学校」と地域ぐるみの交流が20年以上も続き、昔から伝わる本物の踊りを習い伝承しているそうです。
e0086880_18415747.jpg

平塚ろう学校和太鼓同好会「鼓舞子(こぶし)」
聴覚に障害をもつ平塚ろう学校の生徒達は、20年前から音楽の授業の中で、唯一振動を感じ取れる楽器として和太鼓に親しんでいます。平成7年にOBたちも交えて同好会を結成、今では年間30回以上の公演をしているそうです。2004年にはアメリカのウイスコンシン州、2005年にはハワイでも公演したそうです。
e0086880_18471919.jpg

三増(みませ)の獅子舞(三増獅子舞保存会)
享保年間にはじまる獅子舞、明治・昭和初期に中絶しましが、昭和30年に復活し、昭和36年には県の指定無形民俗文化財に指定されました。

e0086880_19131669.jpg

小田原ちょうちん踊り(小田原ちょうちん踊り保存会)
小田原名物のちょうちんの文化、歴史的価値を後世に伝えたい、との思いから、舞踊という形で定着させるために、昭和50年からはじまった踊りです。
e0086880_185562.jpg

鍛冶屋鹿島踊り(湯河原」町鍛冶屋鹿島踊り保存会)
小田原市の石橋から伊豆半島東沿岸21ヶ所に点在しており、今なお踊り継がれている。湯河原で近年鍛冶屋地区に昔を懐かしむ声が高まり復活したものです。

e0086880_21103676.jpg

大井よさこいひょうたん踊り(大井町ひょうたん文化推進協議会)
昭和45年、当時の御殿場線上大井駅の駅員が、構内に夏の西日よけに植えた瓢箪の木が時刻表の表紙を飾ったことから、上大井駅は「ひょうたん駅」、大井町は「ひょうたんの町」と呼ばれるようになったそうです。そこで、ひょうたんの一番実る8月上旬に「ひょうたん祭り」を企画し、地域文化の創造と町おこしの目的で「よさこいひょうたん踊り」が誕生しました。踊りは土佐のよさこい踊りに中華風の味付けをしています。
e0086880_1964239.jpg

秦野観光和太鼓
秦野市の観光振興や、地域の活性化を図るため、また秦野を全国にPRするため、平成12年に発足した創作和太鼓の会です。なかなか迫力があります。

e0086880_191263.jpg


by henryworld | 2006-02-26 19:10 | 街角の光景
2006年 02月 25日

赤いスイートピー

なにやら、かなり前に女性歌手の歌った歌の題名のようです。スイートピーはマメ科の植物。別名「香りエンドウ」とか「麝香エンドウ」とかいうそうです。
そういえば、エンドウ豆の花に似ていますね。赤だけではなくて沢山の色があります。
花屋さんの前を通りかかったら、咲いていたので一枚失礼していたら、主人が、「見る」のと「撮る」のはタダだからどうぞと言われました・・・・・。
e0086880_16122389.jpg


by henryworld | 2006-02-25 16:13 | 季節の花や植物
2006年 02月 25日

君子蘭(クンシラン)咲く

ご近所の君子蘭が咲いていました。この花は蘭という名前が付いていますが、ヒガンバナ科の花だそうです。また一般的に君子蘭といっていますが、本当の名前は「受け咲き君子蘭(ウケザキクンシラン)」というのだそうで、本当の君子蘭は別にあり、細長い筒状の花が垂れ下がって咲く花で、先端もあまり開かない花のため、あまり人気がなくなってしまったのだそうです。
e0086880_15374237.jpg

我が家の室内にある君子蘭は、まだこのような状態であり、咲くのは来月中旬くらいでしょうか?
e0086880_15391928.jpg


by henryworld | 2006-02-25 15:39 | 季節の花や植物
2006年 02月 24日

黄梅(迎春花)

黄梅をYさんのブログで拝見し、身近に咲いていないか、早朝散歩の途中で探してみましたら、ありました。ご近所の石垣に一杯咲いていました。なかなか綺麗な眺めです。
デジカメで撮っていたら、その家のご主人に呼び止められ、この黄梅は枝を挿し木すると付きますよ、2~3本お持ちなさい、とプレゼントしてくれました。早速自宅の庭先に植えてみましたが、果たして根付くかどうか、楽しみです。
e0086880_1421392.jpg

分けていただいた枝の一本です。黄梅は花の形が梅に似ていて、開花の時期も梅と同じなので、この名が付いていますが、梅とは全く関係なく、ジャスミンの一族だそうです(香りは無いようですが)~道理で挿し木が可能なわけです。
e0086880_145767.jpg


by henryworld | 2006-02-24 12:53 | 季節の花や植物