カテゴリ:ホビー(映画・カメラ他)( 92 )


2012年 11月 08日

渦の道から「天空の白鷺」へ

四国・瀬戸内小旅行2日目は琴平から鳴門を経て姫路城へ向かいます。

出発前に、早起きしてこんぴらさんへお参りしました。
本宮までは785段の石段を登ります。
e0086880_2222825.jpg

本宮の手前、629段あたりにある旭社です。もう一息で本宮です。
e0086880_2243941.jpg

そろそろ本宮です。やれやれ。
e0086880_225314.jpg

本宮に到着しました。785段の石段を登りました。奥社までだと1368段の石段を登らなくてはいけません。
e0086880_226458.jpg
e0086880_227161.jpg

本宮から眺めた讃岐平野の景色です。「讃岐富士」と言われる飯野山が左前方に見えています。右下に紅梅亭が見えています。
e0086880_2285332.jpg

五人百姓
参道の脇で、大きな日傘の下で女性が飴を売っています。境内での営業を唯一許された、5軒の由緒あるお店です。
e0086880_2213590.jpg
e0086880_22124379.jpg

琴平を出発して鳴門へと向かいます。高速道路からみた「讃岐富士」飯野山です。
e0086880_2214738.jpg

鳴門に到着。大鳴門橋の姿が見えてきました。対岸は淡路島です。
e0086880_22154070.jpg

大鳴門橋を眺めながら昼食です。さすが本場の鳴門鯛やハマチ、イカ・タコの刺身が美味でした(鯛丸にて)
e0086880_15305953.jpg

e0086880_15315920.jpg

鳴門公園からの大鳴門橋です。
e0086880_2216405.jpg
e0086880_22163873.jpg
e0086880_22171264.jpg

大鳴門橋は南あわじ市と鳴門市を結ぶ長さ1629mの橋、1985年に完成しました。最上部を高速道路が走っていますが、作られた当初、瀬戸大橋と同様、道路の下に鉄道を通す予定だったそうです。残念ながら、対岸の淡路島に鉄道が走っていなかったため、鉄道敷設計画は実現しませんでした。そこで、徳島県は海面からの高さおよそ45m、長さ450m先に観潮用の展望室を作り、そこまでの遊歩道を「渦の道」と名付けました。
鳴門は瀬戸内側からの潮と大阪湾側からの潮がぶつかり、渦を巻くことで知られ、大潮の時には大きな渦巻ができます。そうした渦潮を見物するために、観潮船も出ていますが、高さ45mからの渦潮の眺めも豪快です。当日は中潮であったため、それほど大きな渦は見られませんでしたが、きれいな潮の流れを見物できました。
e0086880_22272898.jpg

e0086880_22272544.jpg
e0086880_22281712.jpg
e0086880_22275414.jpg
e0086880_22284719.jpg
e0086880_22291632.jpg
e0086880_22285272.jpg

観潮船の姿も見られます。
e0086880_22312185.jpg

海面からの高さ45m、結構スリルがあります。
e0086880_2233169.jpg
e0086880_2234093.jpg

大鳴門橋を走り、淡路島に渡ります。
e0086880_22345465.jpg

淡路島の北端、淡路島公園から眺めた明石海峡大橋です。
明石海峡大橋は神戸市垂水区と淡路市岩屋を結ぶ明石海橋を横断して架けられた世界最長の吊り橋です。長さ3911m、1998年に完成しました。
e0086880_2236466.jpg
e0086880_22364860.jpg

明石海峡大橋を渡り、これから山陽自動車道を経て、姫路に向かいます。
e0086880_22373867.jpg
e0086880_22375794.jpg


姫路城は別名「白鷺城」と呼ばれ、その優美な姿から日本有数の名城として知られていますが、現在50年程度に一回の大改修工事が行われていて、実物のお城の姿を観ることはできません。工事は2009年に始まりましたが、2014年(平成26年)に終了する予定です。
この間、工事のために、すっぽりお城を覆い隠した改修用の巨大な施設を「天空の白鷺」と名付け、その施設内から工事中の天守閣の姿などを指呼の間、まじかに見学することができます。
e0086880_2244330.jpg

e0086880_22444143.jpg
e0086880_22443890.jpg
e0086880_2245133.jpg
e0086880_2245987.jpg

e0086880_22455126.jpg

e0086880_22522424.jpg

「天空の白鷺」8階、天守閣の屋根をすぐそばで見物できます。天守閣全体の瓦の枚数は8万枚を超えるそうですが、1枚、1枚職人さんが手洗いして張り替えたそうです。新しい平成の鯱鉾の取り付けも完了しています。工事が終了したら、遥か彼方から望むお城の姿しか見えませんから、シャチホコの実物をまじかに見られるこの機会は、誠に貴重なものと言えそうです。
e0086880_2253166.jpg
e0086880_22532550.jpg
e0086880_2254282.jpg

鯱鉾をもう少しクローズアップしてみます。
e0086880_20441853.jpg

e0086880_20443675.jpg

「天空の白鷺」7階から見た天守の1層下の改修工事の光景です。
e0086880_22545371.jpg

「天空の白鷺」上層階から眺めた姫路市内です。左前方がJR姫路駅になります。
e0086880_2256620.jpg
e0086880_225642100.jpg

歴代の鯱鉾が展示されていました。
e0086880_22573388.jpg
e0086880_22575277.jpg
e0086880_2258283.jpg
e0086880_22584310.jpg

「天空の白鷺」スタッフのユニフォーム
e0086880_22592624.jpg

東京から来た修学旅行の高校生も見学していましたが、この施設は極めて有意義な施設だと思います。50年に一度しか経験できないかもしれません。一見の価値ありです。
(FZ-200)

by henryworld | 2012-11-08 23:31 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 11月 07日

人間国宝坂東玉三郎/琴平金丸座で優美に舞う

今日は昨日からの雨も上がって、良い天気になりました。
本日から2日間、四国琴平の特別企画の歌舞伎を見物し、鳴門の渦潮を観て、現在平成の大改修をしている国宝「姫路城(白鷺城)」を巡る旅に出ます。

行程は、
〇第1日 東京(羽田空港)✈ANA✈徳島阿波踊り空港→バス→善通寺→琴平(金丸座)「坂東玉三郎特別公演(鼓童出演)」観賞 琴平泊り

〇第2日 こんぴらさん参詣→琴平→鳴門(渦の道)→鳴門大橋→淡路島→明石海峡大橋→姫路「天空の白鷺(姫路城大天守修理見学)」→伊丹・大阪国際空港✈ANA✈東京(羽田)

というコースであり、JTB創立100周年記念ツアーです。第1日の「坂東玉三郎特別公演」はJTB DAYとして、この日は、金丸座の800近い座席は、全てJTB扱いのお客様の専用席となりました。

それでは出発しましょう。
羽田空港第2ターミナルにて、エースJTBの団体添乗員さんと打ち合わせ、参加者は35名です。
e0086880_17405159.jpg

搭乗便はANA281便、徳島阿波踊り空港行きです。
e0086880_1743250.jpg
e0086880_17424136.jpg
e0086880_1743401.jpg

航路上は雲が少しありますが、穏やかな天候です。
e0086880_17444059.jpg

飛行時間およそ1時間で徳島阿波踊り空港到着です。
e0086880_1746792.jpg

空港ロビーの壁画には、阿波踊りの光景、そしてビデオでも。
e0086880_17463892.jpg

e0086880_1748810.jpg

空港入口のモニュメントも阿波踊りです。
e0086880_17491540.jpg

さあ、これから大川観光の大型バスで琴平に向かいます。
e0086880_17501968.jpg
e0086880_17503558.jpg

(CX)

徳島阿波踊り空港からおよそ1時間半、琴平に到着です。
こんぴらさんへの参道風景です。昔ながらのはたご宿も姿を消してしまい、門前町の風情が失われてきています。この参道の奥に金丸座があります。
e0086880_18345383.jpg
e0086880_18342817.jpg
e0086880_18353575.jpg
e0086880_18351090.jpg

こんぴらさんの本殿までは785段の石段を登らなければなりません。足に自信のない方のための籠もあります。もちろん有料です。
e0086880_18403617.jpg

観劇前に昼食ですが、もちろん本場のさぬきうどんです。
e0086880_18411389.jpg

昼食を済ませて、金丸座へと向かいます。
e0086880_18415963.jpg
e0086880_18421729.jpg
e0086880_18423225.jpg
e0086880_1842452.jpg

金丸座は、正式には「旧金毘羅大芝居(金丸座)」といい、国の指定重要文化財で、天保6年(1835)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋です。
昭和60年から、春に「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が開催され、四国路に春を告げる風物詩として親しまれています。今年の春のこんぴら歌舞伎は第28回を迎え、中村吉衛門さんが出演しました。これまで、吉衛門さんはじめ、沢村藤十郎さん、中村勘三郎さん、片岡仁左衛門さんなどなど錚々たる役者さんが出演しています。
秋に公演が行われるのは、今回が初めてで、人間国宝の坂東玉三郎さんが出演するのも初めてです。今回は玉三郎さんの踊りを中心に、太鼓のグループ鼓童が共演しています。
e0086880_18543973.jpg
e0086880_1854487.jpg
e0086880_18551295.jpg

金丸座内部での公演中の撮影は出来ませんので、開演前の場内風景をご覧にいれます。
e0086880_18572936.jpg
e0086880_18574282.jpg

実際の玉三郎さんの踊る姿をお見せできないのが残念ですが、これが63歳の男性によるものなのか、女性よりも女性らしい所作や表情に感動しました。
入場券の画像でご容赦ください。
太鼓のグループ「鼓童」のダイナミックな音と動きに、繊細な玉三郎さんの踊りが対比して感動の舞台となりました。
e0086880_1931472.jpg

(FZ-200)

More 琴平の宿は紅梅亭

by henryworld | 2012-11-07 05:56 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 09月 27日

映画「コッホ先生と僕らの革命」

今日は映画「コッホ先生と僕らの革命」を観賞に横浜桜木町のブルク13へ。
この映画は、2011年制作のドイツ映画。ドイツサッカーの父として同国の人々から敬愛され続けているコンラート・コッホの実録ドラマ。サッカー強豪国ドイツのサッカーのルーツを探る興味深いヒューマン・ドラマでもあります。
時代は19世紀末、舞台はドイツ北西部の町ブラウンシュバイク(現在二―ダー・ザクセン州第2の都市)1874年イギリスのオックスフォード大学への留学を終えたコンラート・コッホ(ダニエル・ブリュール)はブラウンシュバイクの名門校へ英語の教師として赴任する。コッホは授業の一環としてサッカーを教える。サッカーを通して、子どもたちはフェアプレーとスポーツマンシップの精神を学び、それまで抱えていた階級や国籍に対する偏見が少しづつ薄れていった。
しかしながら、帝政下にあったドイツでは、反英感情が極めて強く、学校の後援会の会長はじめ、同僚教師、地元有力者などはサッカーをすることに真っ向から反対し、コッホを学校から追い出そうとする。しかし、サッカーの魅力に取りつかれた子どもたちの熱意が大人たちを動かす・・・・・・。
前半はドイツらしい質実剛健の気風が横溢し、堅苦しい雰囲気でドラマは進行し、上層階級と労働者階級の階級差に基づく学校内のいじめ問題なども浮き彫りにされるが、後半はスポーツを通じて、クラスのまとまりも良くなり、住民たちの理解も進む。なかなか後味の良いヒューマン・ドラマでした。
(画像はインターネットから)
e0086880_18571046.jpg
e0086880_1857598.jpg
e0086880_18572813.jpg
e0086880_18572126.jpg


by henryworld | 2012-09-27 18:57 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 09月 21日

映画「人生、いろどり」

今日は映画「人生、いろどり」を鑑賞に横浜ブルク13へ、
「人生、いろどり」は、葉っぱビジネスで年商2億6,000万円の規模にまで育てあげた徳島県上勝町(かみかつ)のバアチャンたちが活躍する実話をもとに映画化した作品。
このビジネス成功談は随分前に報道され、記憶していたので、とてもこの映画に興味がありました。
舞台は徳島県中部の山間部に位置する上勝町。現在の人口1,700人余り、半分近くは高齢者という過疎の町である(県庁所在地の徳島市から車で1時間程度の位置にあるらしい)
大きな産業もなく、細々と営んできたミカン栽培も行き詰まり、町の人々は思案に暮れる。
料理の彩りとして添えられる「つまもの」の葉っぱの商品化を提案した農協職員、しかしながら、誰からも相手にされない。男たちは全く関心を示さず、という状況の中で、バアチャンたちが立ち上がった。幼馴染の花恵(富司純子)と薫(吉行和子)はこのビジネスに賛同、男どもの制止を振り切って取り組む。都会から戻ってきた同級生の路子(中尾ミエ)も加わり、懸命に取り組む。次第に事業が軌道に乗り始める。
ビジネス成功談にオーバーラップして「つまもの」を「いろどり」と名付けたが、3人の人生の「いろどり」を並行して描いていく。
平均年齢70歳の3人が頑張る姿とビジネスの推移がペーソス溢れる映画となっており、なんとなくほほえましくもあり、高齢者に勇気をくれる作品である。
吉行和子と富司純子のベテランらしい演技が光る。中尾ミエも演技力はともかく、得な役どころを演じている。
実話をベースにした映画と言うので、ドキュメンタリー風の映画を予想したが、人間味あふれる佳作で、個人的には大変好感を持ち、鼓舞されました。
e0086880_18431234.jpg
e0086880_18434330.jpg
e0086880_1844146.jpg

e0086880_2018810.jpg

実話では、事業体は「株式会社いろどり」となり、ビジネスの主導役を果たした横石知二氏が代表取締役を務め、事業は順調だそうです(映画で葉っぱビジネスを最初に提案した農協職員役が横石氏)
(画像はインターネットから)

e0086880_229610.jpg

(GX-1)

More 久し振りに日本丸

by henryworld | 2012-09-21 18:46 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 09月 10日

映画「あなたへ」

今日もよい天気になりました。日差しは強く、まだまだ残暑は厳しいものの、木陰では涼しい風が吹き抜けていきます。

話題作「あなたへ」を観にTOHOシネマズ海老名へ、月曜日の朝一番の上映回というのに沢山の観客が集まりました。私と同じようなシニアの人々がほとんどで、女性の姿が目立ちます。高倉 健さんの人気はすごいものがあります。

ストーリーは、富山刑務所の技官・倉島英二(高倉 健)は亡き妻洋子が遺した絵手紙に書かれた「遺骨は故郷の海に散骨してほしい」という遺言に沿って、妻の故郷である長崎県平戸をめざして車で旅に出る。1200kmに及ぶ、旅の途中で出会う人々との交流を通じて、彼らの家族や夫婦の悩みや思いに触れていくうちに蘇る亡妻と過ごした愛しき日々の回想、様々な思いを胸に平戸の薄香にたどり着く。

脇役陣がなかなか良い、車上荒らしの常習犯・ビートたけし、北海道のイカ飯の出張販売担当者・草彅 剛、草彅のアシスタント、実は、蒸発した薄香の元漁師・佐藤浩市、刑務所の同僚・長塚京三、薄香の古老漁師・大滝秀治など多彩なメンバー。高倉 健通算205本目の映画だそうです。
「幸せの黄色いハンカチ」や「鉄道員(ぽっぽや)」なども観たが、雰囲気的には、いかにも高倉 健主演作品らしい。「鉄道員(ぽっぽや)」と同じ降旗康男監督作品
e0086880_15171157.jpg
e0086880_15172389.jpg
e0086880_15172861.jpg
e0086880_15173897.jpg
e0086880_15174627.jpg

(画像はインターネットから)

More 海老名駅界隈

by henryworld | 2012-09-10 15:18 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 09月 07日

映画「最強のふたり」(Intouchables)

昨日降った雨の影響で涼しい朝になりました。天気は回復し、日中はまた暑さがぶり返しそうです。

副作用も峠を越えて、体調が戻ってきたので、久し振りにTOHOシネマズ横浜へ。映画「最強のふたり」を鑑賞しました。
この作品は2011年のフランス映画。パラグライダーの事故で首から下が麻痺して身体が不自由な大富豪とその介護人になった貧困層の移民の若者との交流を描いたヒューマン・コメディです。

頸椎損傷で身体の自由が利かないフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は大富豪、身の回りの世話をしてもらう介護人を募集したところ、その面接に現れたのが黒人青年のドリス(オマール・シー)
ドリスは過去に犯罪歴もあり、決して素行が良いわけではなく、家庭も複雑で無頼漢だが、正義感は強い。定職もなく、義母のもとでぶらぶらしている。介護人募集に応募したのも、実際に職に就くというよりも就職活動の実績作りのためで、失業保険が切れるのを防ぐのが目的であった。
フィリップは気難しいところがあり、他の候補者が気に入らず、介護や看護の経験もないドリスを雇うことにする。ドリスは自由奔放に振舞うが、フィリップは自分のことを病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に心通わせていく。
2011年にフランスで公開された映画ではフランス国内での観客動員数第一位、歴代でも史上第二位を記録した実話に基づくヒューマン・コメディである。
鑑賞後の印象もよく、感動を呼ぶ、味わい深い佳作でした。
e0086880_1761872.jpg
e0086880_1763324.jpg
e0086880_1764617.jpg


(画像はインターネットから)

by henryworld | 2012-09-07 15:25 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 07月 27日

映画「ローマ法王の休日」

猛暑に耐えられず、涼みがてら映画を観に行きました。“ローマの休日”ならぬ「ローマ法王の休日」
オードリー・ヘップバーンのローマの休日みたいにローマの名所が出てきて、楽しい映画かと思っていましたが、内容は全く異なりました。
法王が亡くなり、新法王を選出するため全世界から枢機卿がヴァチカンに集結する。
選出するための投票(コンクラーベ)の結果選ばれたのは、予想外だったメルヴィル(ミッシェル・ピッコリ)であった。枢機卿仲間の祝福を受け、一旦は法王就任を受諾したメルヴィルだったが、サン・ピエトロ広場を埋め尽くした群衆に挨拶するためバルコニーに立つ寸前に、重圧から「私には無理だ!」と叫んで、逃げ出してしまう。セラピストのカウンセリングなども受けるが、拒否の意思は強く、ついには市内に逃げ出してしまい、数日間姿をくらます。この間に市井の人々との交流を通じて、信仰心や法王のあり方などを見つめ直していく。
数日の「法王の休日」を過ごしたあと、やっとバルコニーに姿を現した主人公が群衆に語りかけた内容は・・・・・。
法王選出のコンクラーベの様子など、興味深い場面もあったが、法王就任を拒否する理由、市民との交流内容など、いまひとつ理解しにくい映画であった。
(画像はインターネットから)
e0086880_18261410.jpg
e0086880_18262540.jpg
e0086880_18263216.jpg


by henryworld | 2012-07-27 18:22 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 07月 12日

映画「ワンデイ 23年のラブストーリー」

今日は曇天、時おり小雨がぱらつきますが、風が強く気温はそれほど高くならず凌ぎやすい一日になりました。
午前中TOHOシネマズ横浜へ、映画「ワンデイ 23年のラブストーリー」を観賞しました。
男女の23年にわたる恋と友情を毎年7月15日にスポットを当て、舞台はロンドンとパリで描くロマンチックなラブ・ロマンス。
大学のクラスメイトである、真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウエイ)と自由奔放な性格のデクスター(ジム・スタージェス)、二人は惹かれあいながらも、親友という間柄のまま毎年“7月15日”を過ごしていく。
愛する気持ちを心に秘めたエマだったが、ある年の7月15日にデクスターから他の女性と結婚すると打ち明けられる。そして何年にもわたる2人の恋の行方を左右する7月15日が訪れる。
23年間親友の間柄でいる、という関係、いささかじれったいストーリーでした。
(画像はインターネットから)
e0086880_18175890.jpg
e0086880_1817486.jpg
e0086880_18181669.jpg


by henryworld | 2012-07-12 18:18 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 07月 05日

映画「一枚のめぐり逢い」

今日は雲が多めの天候ですが、気温は高く蒸し暑い一日になりました。
九州では豪雨による甚大な被害が出ているようですが、関東はそれほどの雨量にはならず、真夏日になる恐れがあります。

久し振りに映画を観賞にTOHOシネマズ横浜へ。
作品は「一枚のめぐり逢い」です。原題はTHE LUCKY ONE
アメリカ海兵隊の軍曹ローガン(ザック・エフロン)は戦場で拾った一枚の女性の写真を胸にイラク戦線から帰還する。不思議にその写真を拾ってから危機を乗り越えることが出来、その感謝の意味を込めて礼を言いたくてその女性のもとを訪ねる。女性べス(テイラー・シリング)を探し当て、やがて愛が芽生える。しかしながら、その写真の持ち主は、同じ戦場で戦死したべスの最愛の兄であった。
ローガンはコロラドからべスのもとを訪ねるという設定になっているが、物語の舞台は、どうやらルイジアナの小さな町のようで、のびやかで美しいアメリカ南部の景色が美しい。
ストーリーは若干のひねりがあるものの、ごく平凡なラブストーリー、きれいな景色だけが印象に残った。
(画像はインターネットから)
e0086880_1530152.jpg
e0086880_15302449.jpg
e0086880_15303196.jpg
e0086880_1530391.jpg


by henryworld | 2012-07-05 15:30 | ホビー(映画・カメラ他)
2012年 06月 07日

テルマエ・ロマエ(映画)

今日は久し振りに映画を観にTOHOシネマズ横浜へ、観賞作品は「テルマエ・ロマエ」 原作は日本の漫画作品だそうです。
テルマエとは「浴場」の意味(ラテン語) テルマエ・ロマエとは「ローマの浴場」の意味。
古代ローマ時代の浴場と現代日本の風呂をテーマとしたコメディーである。
古代ローマ時代、紀元135年頃、ハドリアヌス皇帝の命を受けて革新的な浴場作りに挑む浴場専門の設計技師ルシウス・モデストゥス(阿部 寛)は、現代日本の公衆浴場や最新式のトイレタリー製品にヒントを得て斬新な浴場作りを進めていく。
なんともバカバカしいコメディーだが、原作が漫画ということで、それなりに楽しめた。日本人離れした風貌の阿部 寛はじめ宍戸 開、市村正親など顔の濃い俳優さんが出演、他に上戸 綾など。
(画像はインターネットから)
e0086880_18282545.jpg
e0086880_18285411.jpg
e0086880_18284239.jpg


by henryworld | 2012-06-07 18:29 | ホビー(映画・カメラ他)