2009年 03月 06日

壁画「明日の神話」

今日は朝から冷たい雨が降り続いています。東京周辺だけが悪天候のようで気温も低く、寒い一日になりました。

岡本太郎氏が1968年にメキシコで描き、約1年かけて修復された、縦5.5メートル、横30メートルの巨大壁画「明日の神話」が東京渋谷駅の連絡通路に恒久設置されたのは昨年のことです。
岡本太郎氏がメキシコの実業家の要請に基づき、ホテルのロビーに飾る予定で制作されたこの壁画は、事情があってホテルの建設が中止されたため、一時行方不明になっていたそうです。2003年にメキシコ・シティの資材置き場で発見され、日本にて修復され、渋谷駅に恒久設置されることになったのだそうです。以前どなたかのブログで拝見していましたが、本日ようやく画像に収めることが出来ました。巨大すぎて、私のカメラのレンズでは全貌を捉えきれません。
e0086880_1851811.jpg
e0086880_1851213.jpg
e0086880_1851366.jpg


by henryworld | 2009-03-06 18:50 | 街角の光景


<< リュウキンカ(立金花)      早咲きの桜~チュウゴクミザクラ >>