きままなシニアライフ日記(Photo Diary)

henryworld.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 26日

飛鳥山3博物館と飛鳥の小径

今日も朝からぐずつき模様の天候でしたが、会社のOB仲間との文化散歩、東京都北区の飛鳥山にある三つの博物館、「紙の博物館」「北区飛鳥山博物館」「渋沢史料館」を観賞に行きました。
飛鳥山は、春には桜の名所として名高い場所ですが、ツツジやアジサイの名所としても知られています。
e0086880_17574726.jpg
e0086880_17581896.jpg

こちらは「紙の博物館」です。この地域には日本を代表する大手製紙メーカー発祥の地としての事業所が今でも残っており、ゆかりの地に古今東西の紙の歴史を展示する博物館が建てられました。
e0086880_1824513.jpg
e0086880_183637.jpg

3つの博物館が並んでいますが、真ん中にあるのが北区飛鳥山博物館です。北区や近隣地域の歴史と民俗などに関連する遺産が展示されています。
e0086880_1853884.jpg
e0086880_1855656.jpg

最後が「渋沢史料館」です。日本の近代経済社会の発展に大きな足跡を残した渋沢栄一翁の生涯にわたる資料を収集展示しています。
e0086880_189534.jpg

入り口に渋沢栄一翁の胸像が。
e0086880_1892411.jpg

渋沢史料館に隣接する旧渋沢庭園は渋沢邸跡ですが、国の重要文化財に指定されている「青淵文庫」と「晩香廬」の建物が残されています。
こちら青淵(せいえん)文庫です。渋沢栄一の書庫として使われていたようです。青淵とは渋沢栄一の雅号です。
e0086880_18141998.jpg

こちらは晩香廬です。いわば洋風の茶室ともいえるもので、渋沢栄一が来客の接待に使っていた建物だそうです。
e0086880_18242149.jpg

飛鳥山とJRの線路の間の細い小道は「飛鳥の小径」と呼ばれ、300株ほどのアジサイの花が今盛りです。
e0086880_18282572.jpg
e0086880_18284574.jpg
e0086880_18291082.jpg


by henryworld | 2008-06-26 18:22 | 街角の光景


<< 池袋西口界隈~ラーメンのうまい店      ブルーベリーの実 >>