2007年 11月 07日

日本橋に青空を

久し振りに(といっても一週間ぶりにすぎませんが)都心に出て所用を済ませて日本橋を渡ろうとしたら人だかり、各地で景観論争が盛んですが、日本橋でも高速道路にフタをされたようになった橋の上空の景観を取り戻そうという運動が地元住民の手で進められています。その運動の一環だと思いますが、日本橋川の川面に水煙をたて、スクリーン代わりにして、そこに色々な映像を投影してアッピールするという「水と光のページェント」の試運転に出会いました。
今日が試運転とのこと、うまくいけば年末のイベントとして12月中・下旬に毎晩実施する予定だそうです。
なにせ暗い川面に水煙と動画という動きのある被写体のためうまく写っていませんが、雰囲気だけでも味わって!

            昔の東海道53次時代の日本橋の光景でしょうか?
e0086880_2059876.jpg

             同じく東海道53次の富岳36景の一つでしょう。
e0086880_20592420.jpg
e0086880_20593784.jpg
e0086880_20595195.jpg
e0086880_210355.jpg
e0086880_2101968.jpg
e0086880_2103486.jpg
e0086880_2104589.jpg
e0086880_2105630.jpg

           まだ高速道路のなかった時代の日本橋の往時の姿です。
e0086880_211838.jpg

こんな映像も映し出されました。ミスターGの長嶋さん引退の年に高速道路ができたのかな(これは想像です。間違っているかもしれません)
e0086880_2112069.jpg

       そして・・・・・? 画面の上に高速道路の底の部分が見えています。
e0086880_2113119.jpg
e0086880_2114395.jpg
e0086880_2115458.jpg


by henryworld | 2007-11-07 21:02 | 街角の光景


<< 東京駅八重洲口再開発(続編)      今日は秋の最後の日(?) >>