2006年 12月 25日

南天の実

11~12月に真っ赤な実をつける南天の実は大変美しく、千両・万両と並んで正月の花材として重宝がられます。呼び名が「難を転ずる」に通じるということで縁起物としても用いられるようです。ふつう赤色ですが、まれには実が白く熟する「白南天」もありますが、やはり赤色の方が美しいようです。
e0086880_18153461.jpg
e0086880_18154610.jpg

こちらは白南天です。
e0086880_18163064.jpg


by henryworld | 2006-12-25 18:16 | 季節を感じる光景


<< かね本野田岩      払暁の景色 >>