きままなシニアライフ日記(Photo Diary)

henryworld.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 28日

キンカチョウ

錦華鳥、または錦花鳥とも呼ばれます。英名はゼブラフィンチといい、雄(♂)の胸元には特徴的な横縞(ゼブラ)模様があります。昔、兄が小鳥を飼うのが好きで、セキセイインコやジュウシマツとともに飼育していたことがあります。町田市のリサイクル公社の庭先のケージにいました。懐かしくてスナップに納めました。この鳥は赤いくちばしやきれいな模様で人気がありますが、少々怠けもので卵を生んでも抱卵しないことが多いのでジュウシマツを仮親に使用することが多いようです。
(by Canon IXY Digital 60)
e0086880_15115094.jpg
e0086880_1512512.jpg

胸元にハッキリした縞模様が見えるのが雄(♂)です。
e0086880_15122060.jpg
e0086880_15123590.jpg
e0086880_15124736.jpg


by henryworld | 2006-11-28 15:12 | 生き物たち(鳥、昆虫など)


<< スイショウ(水松)~再掲      ウインターコスモス >>