2006年 06月 04日

ツミの雛が生まれたようです

やっとツミ(一番小さい鷹)の雛が誕生したようです。まだはっきりとした姿を捉えることができませんが、親鳥の仕草や、なにやら小さなものが動く気配などから間違いないようです。
e0086880_1322490.jpg

はっきり雛の姿が捉えられませんが、白いものが親鳥の手前に見えます。これがゆらゆらと動くのが確認できました。間違いなく雛だと思います。
e0086880_135303.jpg

e0086880_1324117.jpg
e0086880_1325789.jpg
e0086880_1331111.jpg

母親は盛んにからだを浮かせてお腹の下の方にくちばしを動かしています。雛に餌をやっているのかも知れません。
e0086880_1333145.jpg
e0086880_1334426.jpg

e0086880_5253745.jpg
 
抱卵中は巣の外側にとまっていることはありませんでしたので、きっと巣の中には雛がいるのでしょう。多分一ヶ月近くじっと卵を抱いていたお母さん、やや疲れが見える?
e0086880_5255773.jpg
    
e0086880_526153.jpg
      
お父さんです。近くのアンテナの上から周囲を警戒しています。カラスが近づくと猛然と攻撃し、追い払います。
e0086880_1341229.jpg

何とか雛の姿をレンズにおさめたいものです。引き続き観察していきます。

by henryworld | 2006-06-04 01:34 | 生き物たち(鳥、昆虫など)


<< 今朝の花~アマリリス      カシワバアジサイ >>