きままなシニアライフ日記(Photo Diary)

henryworld.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 10日

ナンバンギセル(南蛮煙管)

ご近所の山野草を大事に育てているお宅の玄関先にナンバンギセル(南蛮煙管)の鉢植えが置いてありました。大変珍しい植物です。
イネ科の植物(イネ、ススキ、サトウキビなど)の根元に生えて、栄養分をもらいながら生育する寄生植物です。キセルのカタチに似ている、南蛮人の煙管とは面白いネーミングです。
e0086880_1558551.jpg
e0086880_15593126.jpg
e0086880_15593150.jpg

(G3)



こちらも同じお宅の庭先に咲いていたダンギク(段菊)です。ズームで失礼して撮らせていただきました。
青紫の小さな花ですが、雄しべや雌しべが長く、花から突き出します。花は丸くまとまって咲き、階層状に咲くので、段菊という名前になったようですが、キク科の植物ではなく、クマツヅラ科の植物で、花のカタチは全く異なるが、カリガネソウ(ホカケソウ)と同じ仲間です。
e0086880_1674739.jpg
e0086880_168157.jpg
e0086880_1681191.jpg
e0086880_1682418.jpg

(G3)

by henryworld | 2012-10-10 16:08 | 季節の花や植物


<< ハクチョウソウ(ガウラ)風に揺れて      午後もカワセミです >>