2012年 08月 22日

甲子園の話題その3~準決勝の熱き戦い

いよいよ甲子園も準決勝、第一試合は大阪代表の大阪桐蔭高校 対 高知代表の明徳義塾高校、第二試合は青森代表の光星学院 対 山梨代表の東海大甲府高校の戦いになりました。
第一試合は大阪桐蔭の快速右腕、藤浪晋太郎投手が明徳義塾打線を2安打に抑え込み、完封勝利、決勝戦に駒を進めました。

(画像はテレビ画面から)
藤浪投手、身長197㎝ですが、顔にはどこか幼さが・・・・・。
e0086880_15172383.jpg

ダイナミックなフォームから150キロを超えるストレートを投げ込みます。
e0086880_15175791.jpg
e0086880_1518847.jpg
e0086880_15182062.jpg
e0086880_15183233.jpg

e0086880_1520224.jpg
e0086880_15203585.jpg

第二試合では光星学院の強力打線が爆発、中でも4番北條史也選手が2打席連続ホームランをバックスクリーンに打ち込み、東海大甲府を大差で破りました。
北條選手の豪快なバッティングフォームです。
e0086880_15252959.jpg
e0086880_15254658.jpg
e0086880_15255294.jpg
e0086880_1526939.jpg

なかなかハンサムな高校生、これから人気が出そうです。プロからも注目されるでしょう。
e0086880_15264563.jpg
e0086880_1527770.jpg
e0086880_1527298.jpg
e0086880_15274544.jpg

猛暑の中、沢山の観客が観戦です。
e0086880_1529794.jpg

いよいよ明日決勝戦です。
e0086880_15294012.jpg

決勝は春の選抜と同じ組み合わせになりました。春・夏連覇を狙う大阪桐蔭に対して春のリベンジを狙う青森光星学院の戦いは大変興味あるところです。
光星学院の強力打線が大阪桐蔭の藤浪投手を攻略できるか、大阪桐蔭の打線も強力、準決勝でエースを温存した光星学院がどう立ち向かうか、優勝旗の行方が気になります。

by henryworld | 2012-08-22 15:35 | スポーツ(プレイ・観戦)


<< ミヤマアカネ(深山茜)      テッポウユリ(鉄砲百合) >>