きままなシニアライフ日記(Photo Diary)

henryworld.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 07日

二ヶ領用水の春

福島第1原発の事故は想像以上に深刻な状況のようです。“そのうちなんとか収まるだろう”と考えていましたが、事態はそう簡単ではなさそうです。農業・漁業への影響、健康への影響、風評被害などが表に出ていますが、最悪の場合はどうなるのか?想像できないだけに不気味であり、恐怖さえ感じます。なんとか封じ込めて欲しいと願うばかりです。
そんな深刻な情勢にあっても着実に季節は巡っていきます。二ヶ領用水は多摩川の水を登戸付近から取り入れ、稲毛領から川崎領に至る二ヶ領(現在の川崎市多摩区から川崎区までを含む地域)にわたる農業用のかんがい用の水路として慶長16(1611)年に作られたものだそうです。今年丁度400周年になるとのことです。宿河原町内の水路の両側に400本のソメイヨシノが植えられ、今まさに満開です。かぐわしき香りをのせた気持ちの良い風が水面を吹き抜けていきます。桜の下でお弁当を広げている人たち、被災地の皆さんには申し訳ない思いですが、平和な光景が広がります。
e0086880_16522160.jpg
e0086880_1653966.jpg
e0086880_16532737.jpg
e0086880_165349100.jpg
e0086880_16541277.jpg
e0086880_16543086.jpg
e0086880_16545660.jpg
e0086880_16551539.jpg
e0086880_16554070.jpg
e0086880_16555271.jpg
e0086880_1656778.jpg
e0086880_16562258.jpg


by henryworld | 2011-04-07 16:56 | 季節を感じる光景


<< 11歳になりました      久住山宏善寺の「しだれ桜」 >>