きままなシニアライフ日記(Photo Diary)

henryworld.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 20日

大船史跡めぐり

今朝は昨日の午後から降り始めた雨が残り、ぐずついた空模様です。
同じ会社出身の仲間たちの文化史探訪の集い、鎌倉シリーズ、今日は大船周辺にある史跡めぐりです。
大船駅を見下ろす大船観音の優しい眼差しです。
e0086880_18193525.jpg

「田谷の洞窟」
田谷山・定泉寺は大船駅からバスで7~8分、室町時代末期、1532年の開創。寺の裏山は岩盤の柔らかい鎌倉石、古くからの手彫りの洞窟が残り、総延長は1500mにも及ぶそうです。洞内には西国三十三観音霊場、四国八十八霊場などにちなむ彫刻が残っています。柔らかい岩盤ですが、地下水に恵まれ、一定の温度に保たれていることが保存できている理由のようです。現在一般に公開されているのは延長250mほどですが、首都圏にこのような洞窟があることは意外に知られていません。
e0086880_18273190.jpg
e0086880_18274498.jpg

「龍寶寺」
北条早雲一族の菩提寺である龍寶寺は曹洞宗の寺院です。
e0086880_18311678.jpg
e0086880_18312914.jpg

龍寶寺の境内はシャクヤクの花が満開です。
e0086880_18334355.jpg
e0086880_18335848.jpg
e0086880_1834970.jpg
e0086880_1834215.jpg
e0086880_1834341.jpg
e0086880_18344578.jpg


by henryworld | 2010-05-20 18:34 | 街角の光景


<< 睡蓮      ハコネウツギ >>